Author: admin | Date: 2013年8月28日 | Please Comment!
1 :天之御名無主:2011/02/11(金) 21:22:43
日本全国に存在する路端の石像。 地蔵であったり賽の神であったり庚申塔であったり 信仰が習合しすぎていて、もう何が何だかわからない まさに民俗学の真骨頂とも言える存在。 語りましょう
146 :天之御名無主:2012/05/11(金) 20:36:25.49
>>1 考える必要も無くリンガで陽石祭祀で山岳信仰でシヴァでこけしで三種神器
2 :天之御名無主:2011/02/12(土) 14:19:45
苔むして、文字ががすれて、謂れがわからず、歴史を感じる。
3 :天之御名無主:2011/02/12(土) 14:24:22
とりあえず、自分で作ったMAP。
4 :天之御名無主:2011/02/12(土) 18:17:09
>>3 見方がようわからん
5 :天之御名無主:2011/02/12(土) 20:32:13
>>4 御免なさい。普通のマップしか出ませんでした。 今度のはちゃんと出ると思います。 福岡付近の猿田彦、庚申塔等をマップにプロットしたものです。
6 :天之御名無主:2011/02/13(日) 12:14:19
>>5 見られました。 これはすごい 今時はもうノート作って貼り付けて なんてせんでも 使って作れるんですね
69 :天之御名無主:2011/09/06(火) 23:34:48.45
>>5 今更だけどこれ凄いな
162 :天之御名無主:2012/12/09(日) 11:02:35.61
>>5 やるな
7 :天之御名無主:2011/02/19(土) 17:43:37
道祖神も地蔵も冷静に見るとキモ…
10 :天之御名無主:2011/02/20(日) 18:21:59.51
すみません、道祖神とはちょっと違うかもしれないのですが、いつも犬の散歩で通る場所に祠のようなものがあって、一体何を祀っているのか気になるのですが、どなたかわかる方いないでしょうか。 中には小銭が少し入っているばかりです。 例えばこの涙型の穴の形には意味があるのでしょうか。ご教授願います。
18 :天之御名無主:2011/02/23(水) 04:14:59.33
>>10 この穴は如意宝珠をかたどったもんではないのか、普通に考えて
183 :天之御名無主:2013/01/27(日) 23:55:34.36
>>10 画像が確認できませんが、如意宝珠ならそれは如意輪観音なので 水子供養ですよ
12 :天之御名無主:2011/02/20(日) 18:43:30.73
>9 立派な青面金剛像ですね。 東日本方面は庚申塔に青面金剛像が彫ってあるので、見ていて楽しいでしょう? 邪鬼を踏みつけていたり、三猿が下にあったり、表情が豊かでいいですね。 九州方面は庚申と文字が彫ってあるだけなので、まったく面白みがありません。
15 :天之御名無主:2011/02/20(日) 23:23:44.06
>>12 戸隠神社は修験道のメッカだったらしく 飯綱大権現が祀ってあったり この手の金剛像も立派なのが多いです。 三猿がついているものが結構多かった印象ですね。
16 :天之御名無主:2011/02/22(火) 22:12:42.23
世田谷区砧の道端にあるものです。 真ん中の青面金剛はよくあるタイプのものですが、左のやたら愛想の良い旅の僧のような像は 一体何なのでしょうか
17 :天之御名無主:2011/02/22(火) 23:27:36.96
>>16 「妖怪しゃもじ婆」 飯処でご飯を食べているとどこからとも無く現れ 「ほぅれ、もっと食わんね」と言いながら椀にご飯をつぎ足してくる。 店の人や周りの人は誰も気がつかない。 「婆ちゃんもう食えねえよ」などと言っても全く聞いてくれず 茶碗がいっぱいになると口に直接ご飯を押しこんでくる。 慌てずに「そろそろお茶が飲みたい」と言うと消え去る。 孫を飢饉で亡くした老婆の霊が妖怪化したものと言われている。
20 :天之御名無主:2011/02/27(日) 23:09:59.44
>>16 ↓のブログの石像と同じみたいだし、田の神様ではないかと。
26 :天之御名無主:2011/03/06(日) 08:49:43.11
田の神様では見たことないけど、他の地蔵尊ではそんなの(性器信仰)もあるね 聞くところによると、韓国のトルハルバンもそうだとか
27 :天之御名無主:2011/03/06(日) 10:38:17.93
>>26 >韓国のトルハルバンもそうだとか どう見てもチンコだな。 ハワイにも有るみたいだね。 役割はほぼ賽の神と同じ感じか…
29 :天之御名無主:2011/03/08(火) 18:25:57.18
馬に乗った仏様の石像があったので見てください。 場所は熊本県宇城市松山の農家の前。
30 :天之御名無主:2011/03/13(日) 12:18:38.21
>>29でパッタリ止まっちゃった。
32 :天之御名無主:2011/04/09(土) 23:56:25.23
ブラウザ変えたり、>>29のURLのIDからぐぐって違う入口から試したりすれば見れる。 俺は見れても語れる持ち合わせはないんだけど。
33 :天之御名無主:2011/04/17(日) 14:01:10.17
○○塚ってのは、やっぱりお墓なんですかね。 死者を弔う為に建てた、置いたものなんでしょうか。
34 :天之御名無主:2011/04/26(火) 14:42:55.05
>>33 塞の神を祀る祭壇です
36 :33:2011/04/27(水) 00:04:45.72
>>34 有り難う御座います。某異民をお祀りする塚が 近所にあるもので・・・ >>35 罰が当たる、かどうかは分かりませんが・・・ お参りした人や掃除してた人の気持ちを想うと つらくなりますね。子供ですから、私も似たような 事をした覚えがあります。 長じてから、掃除とお参りをさせて頂きました。
37 :天之御名無主:2011/04/29(金) 20:21:25.53
>>36 >お参りした人や掃除してた人の気持ちを想うと いや掃除してた人はおらんと思う。 完全に苔むした、ほぼ石ころと判別不能に近いものだった。 形は普通のお地蔵さんだったけど。 子供は畏れを知らんから困る
39 :天之御名無主:2011/05/17(火) 03:42:21.81
あーその地蔵オレだわ
40 :天之御名無主:2011/06/04(土) 07:18:16.97
家の近所では夏にをしているな 関西は地蔵が多いと以前聞いたけど 九州ではヤマハマリンセンターラグーナさんをよく見かけたので少し珍しく感じた
43 :天之御名無主:2011/06/24(金) 00:20:50.92
道しるべを兼ねている地蔵ですかね。 3枚目は、「ひだり、やまべ」。 2枚目には、おそらく「みぎ、○○」(○○は地名)と書かれているのでは?
44 :天之御名無主:2011/06/25(土) 00:27:28.76
>>43 ありがとうございます それにしても崩し字辞典を引いてもさっぱりわからなかったのに、よくわかりましたね… すごいです
46 :天之御名無主:2011/06/30(木) 21:08:06.04
京都に塞の神はないけどね。
47 :天之御名無主:2011/07/04(月) 17:55:13.87
>>46 塞の神はもっと東の文化だっけ? 甲信地方あたりの
51 :天之御名無主:2011/07/05(火) 19:28:35.33
>>46 京都にも塞の神はいるぞ もとは出雲路にあったそうだが、塔之段幸神町の塞の神なんて有名 てか乱交ってwww 講ではよくあること
48 :天之御名無主:2011/07/04(月) 23:01:30.61
すいません、質問なんですが乱交と関係あるのは地蔵と道祖神どっちですか?
52 :天之御名無主:2011/07/12(火) 19:31:00.39
その言語感覚と時代感覚の鈍感さをなんとかしてくれ 不特定多数の性的交渉を「乱れ」だとする価値観を前提に「乱交」というんだ 切腹のことを「自殺は基本的に鬱病だね〜」というくらいアホ
53 :天之御名無主:2011/08/01(月) 18:25:55.76
実家の私有地である山のてっぺんに社?があるんですが 中にとても綺麗な石を置いて奉っています。 そういう風習が地元にあるのだと思ってましたが 違いました。調べても小石を奉る風習はありません。 どなたか詳しい人おりませんでしょうか? おりましたらレスください もしよければ画像うpします 石像ではないのですがよろしくおねがいします
54 :天之御名無主:2011/08/01(月) 20:06:32.23
>>53を書いたものですが、他スレで鉱物に詳しい人に 聞いた方がいいと言われました スレ汚し申し訳ありませんでした
58 :天之御名無主:2011/08/02(火) 22:46:15.35
>>53 丸石ならあるだろ。
59 :天之御名無主:2011/08/08(月) 09:25:27.47
>>53 場所は大分離れて大阪府での話なら、交野市にある星の森という所に天から降ってきたという石5つが祀られています。 現在見る事のできるのは、一番大きな石のみでそれ以外は祠の中に安置されているそうです。 その一番大きなもので50cm四方程度しか有りませんので、小さなものだと本当に小さな石でしかないと思われます。 交野市には空海に絡む降星伝説が伝えられており、ここはその内の一箇所です。 また、別の場所に降ったとされる星の石は星田妙見宮で妙見山の山頂で影向石として祀られています。 石は普通の石で写真のようなガラス質の物では有りませんが参考までに。
56 :天之御名無主:2011/08/02(火) 11:45:38.60
>>55スレを立てるほどでもない質問の>>312に画像を載せています。 よければそちらを
57 :天之御名無主:2011/08/02(火) 21:39:11.88
>>56 把握しました。ROMります。博学な方が多くて楽しいです。 綺麗でロマンチックですね。折角なんで拝んで行きます。 (-人-)
60 :天之御名無主:2011/08/11(木) 21:25:00.44
島根県石見地方ですが、塞ヶ峠(さいがとう)という地名あります。 旧山陰道沿いだったはずですが、塞の神さまを祭っています。
61 :天之御名無主:2011/08/13(土) 03:10:53.70
>>60 道沿いに石像はたってたりはしない?
62 :天之御名無主:2011/08/21(日) 00:38:35.85
路傍や辻にある道祖神とか馬頭観音とか庚申塔とかを 塞神だと言い出したのはいったいどこの誰ですか
65 :天之御名無主:2011/08/31(水) 03:53:41.84
>>62 よく知らないんだが違うのか? kwsk
91 :天之御名無主:2011/10/08(土) 06:49:23.07
>>62 遅レスですみません。 山陰道(三次街道)なのですが、十王堂(閻魔大王とその眷属、聖観音と六地蔵の石像が収めてある)と 塞の神祠があります。 塞の神祠は以前は大きな桧が憑代だったが、枯れたため小祠を建てたと教育委員会の 解説がありました。
66 :天之御名無主:2011/09/05(月) 00:28:57.40
地域差があるのかな? 関東では、道祖神と塞の神は、かなり重なるんじゃないかな。 馬頭と庚申塔は、塞の神とは、全く重ならないと思うけど。
71 :天之御名無主:2011/09/07(水) 23:11:50.15
>>66 そうなのか  道祖神=道の神で、境の神。村に魔が入ってこないようにする 塞の神=境の神 だと思ってた
67 :天之御名無主:2011/09/05(月) 02:46:12.71
お前等こういうのどうやって勉強してんの?
68 :天之御名無主:2011/09/06(火) 16:13:24.81
>>67 図書館の民俗学本なんか見ると、道祖神の研究とか、その手のがあるよ。 ぼへーっと斜め読みしても楽しい。
72 :天之御名無主:2011/09/08(木) 03:59:31.33
御神酒勧進、神酒勧進
73 :天之御名無主:2011/09/08(木) 12:53:13.59
>>72 実際にやったことのある方ですか? それとも、ネット知識?
75 :天御中主神:2011/09/09(金) 21:02:54.28
 迷子のお地蔵さんの“身元”を知りませんか――。  鹿児島県出水市武本の国道328号沿いの駐車場「ふれあいパーク定之段」そばで、 石のお地蔵さんが放置されているのが見つかった。大人6人でやっと運べるほどで、 市生涯学習課は「どこから運ばれてきたのか」と首をかしげつつ、元の場所に戻すために 情報提供を呼びかけている。  同課によると、お地蔵さんは高さ約1・3メートル、幅約60センチ、奥行き 約30センチの凝灰岩製。数百キロはあるという。一枚岩を手彫りしてあり、作風から 100年前頃に制作されたものとみられる。  7月下旬、駐車場のそばを流れる鍋野川の護岸にうつぶせの状態で放置されているのを 通りかかった女性が見つけ、市に連絡した。  同課が市内の石造物などを調べたが該当するものはなく、周辺の市町にも問い合わせたが、 元々あった場所や持ち主を特定できるような情報は得られていないという。  「このお地蔵さんを作って供養した人の気持ちを考えると、何とか元の場所に戻して あげたい」と同課の橋元邦和さん(37)。 情報提供は同課(電話番号省略、ソースで確認してください)へ。 (2011年9月7日15時43分 読売新聞) ソース:読売新聞
77 :76:2011/09/10(土) 13:49:06.71
色々間違えスマソ、入院中で片手使えないので…おお痛い。
79 :73:2011/09/11(日) 23:32:14.68
>>77 オレの頃は、お菓子だったが、いまはお金を貰っているだよ。 お金の分配、公平にやっているのかしら?
81 :天之御名無主:2011/10/02(日) 17:26:53.95
道端の道祖神(金精さま)に供物を捧げたいのだが、 お神酒(ワンカップ)でも大丈夫なのかな。 あと、氏子でもない者が掃除とかしちゃって大丈夫?
87 :天之御名無主:2011/10/05(水) 03:14:19.27
>>81 その祀られ方にもよるけど、ワンカップくらいは多分おk お掃除は許可とった方がいい 下手すると揉めるよ
85 :天之御名無主:2011/10/03(月) 00:05:34.70
非業の最期を遂げた人物は、特に手厚く供養しないと、祟りをもたらす怨霊になりやすいからね。 菅原道真が神格化され、天満宮に祭られたのも、祟りを防ぐため。
86 :天之御名無主:2011/10/03(月) 17:55:00.01
>>85 何か聞いたことあるかも! 怨霊は奉るとすごく良い神様になるとか? リョウメンスクナもそれだと
92 :天之御名無主:2011/10/08(土) 22:42:35.99
>>89 >>90 とりあえず、その付近で聞いてみた。 そしたら、 「○○のお婆ちゃんが掃除とかしてたんだけど、 今年の夏に亡くなって、それ以来、誰も管理していない…」 って言われました。 ・・・というか、その場所に道祖神がある事すら知らない人が多数だった。
93 :天之御名無主:2011/10/09(日) 06:25:25.56
>>92 どこも似たようなもんだね、残念だけど。 俺も似たような事してるよ。色々気を付ける事も多いけど、 やっぱ手入れのちゃんとした祠とか塚とかお地蔵さんとかは 見かけただけで嬉しいもんです。
94 :92=81です。:2011/10/09(日) 08:44:51.50
だからこそ、何とか手入れしてあげたいなって思うんですよ。 どうなんでしょ? その「○○のおばあちゃん」の身内の方に話すのが良いんでしょうかねぇ… ただ、その「○○のおばあちゃん」は一人暮らしだったらから、 まずは身内を探すことから始めないとですが。 こういう時って「個人情報保護法」がものすごく邪魔に感じます。 役所とか団体で聞こうとしても「個人情報ですから教えられません」って。
95 :93:2011/10/09(日) 16:21:24.13
>>94 その道祖神のある部落内で、当番制で管理してた訳じゃなさそうですね。 ○○おばあちゃんが亡くなられてからは誰も管理してない様だから、おばあちゃんの家系が 管理の役を担ってるんでもなさそう。多分おばあちゃんが自発的に管理されてたんでしょう。 もしそうなら、おばあちゃんの御家族に許可を頂くんじゃなく、そこの部落長に 申し出るのが筋っぽいかなぁ…実際には近所の方々に言っとけば大丈夫そうだけど。 明日がその地場のお祭りなら、役員などの人が誰かしら居るだろうし、 一応確認してみた方が良いでしょう。
105 :天之御名無主:2011/10/15(土) 16:13:50.92
>>103-104 画像ありがとう、保存しました。お天気でよかった。 なぜ複数の男根(金精さま?)があるんでしょうね。過去に撤去した道祖神の御本尊を奉納したとか? 無知なんで分からないんですが、社紋は巴で幕は桐なんですか? 祠、やっぱり手入れされてるといいですね! お稲荷さん×1、祠×4?、金精さま×1、でしょうか。 赤い布は初めて見ました。何でしょうね。連想するのはお地蔵さんの帽子や前掛けですが… いままで延べどれ程の人がここへ詣で、この道を過ぎたものやら…ロマンチックです。
106 :天之御名無主:2011/10/15(土) 22:27:17.21
>>105 複数の金精さまに関しては、 新たに陽物に似たものが見つかった時に奉納されてたみたいです。 あと、ここではありませんが、大量の木製の金精さまが納められてる神社もあります。 その場合は、この地方の風習では、家を新築した際に、 屋根裏に木製の金精さまを奉るので… 古くなった家を解体して出てきたものを奉納するという理由があります。 あと、道祖神さまの方は… この近所に花街(遊郭)があった頃に、 遊女たちが「病気除け」と「商売繁盛」を祈念して祀ったものだとか。 そう考えると、江戸末期〜明治の時代からある事になります。
108 :天之御名無主:2011/10/17(月) 12:09:53.87
107の除草後の写真です。
109 :天之御名無主:2011/10/18(火) 20:37:34.51
>>106-108 複数の金精さま、至極真っ当な理由ですね。 ウチの地元は全然真っ当じゃないので、恥ずかしいやら情けないやら… 近くに家や田畑などが無く、荒れているようなら、多少の手入れは良いのでしょうね。 寧ろそれくらいしないと、本当に道祖神の文化が消えてしまいそうです。 画像、保存しました。俺も素敵なうpろだ様を見つけたら貼ってみようと思います。
110 :天之御名無主:2011/10/19(水) 20:08:25.49
ここ数年石仏に目覚めて主に地元千葉を探索しています。 突然ですが、コレは近所にある石仏なのですが何なのか分かりません。 以前は水田の中にある小さな塚というか木々の生茂る場所だったのですが 近年道路拡張のため木々は伐採され、現在は木造の社に奉られています。 そのため近くから銘文等確認が出来ないようになってしまいました。 水田の中にあること、持ち物や容姿から弁才天では?と考えておりますが 詳しい方ご教授いただけるとありがたいです。 余談ですが地元ではこの塚一帯を「テンノウサマ」と呼び、年に1度「シチテンノウマイリ」という集まりがあります。 (ここを含め数箇所の「テンノウサマ」に御参りする。遠い所だと十数キロほど先のテンノウサマまで行く。7箇所では無い。) 妙見信仰に関する七天王なのか(妙見様と呼ばれるている山は確かに近くにある) それとも全く別の物なのか、今では誰も由来を知りません。
111 :天之御名無主:2011/10/19(水) 21:51:40.57
>>110 見られねえ。 面白そうだから再アップよろしく。
115 :天之御名無主:2011/10/31(月) 18:34:58.63
ところで、皆さんが道祖神に興味を持ったきっかけって何ですか? 私の場合は「御石神落とし」というマンガです。 道祖神というよりも金精さまの話ですが…
116 :天之御名無主:2011/11/05(土) 02:47:18.03
これ庚申塚の前だったんだなw都内? >>115 当番になったときかな 神道でも仏教でもない部分がそこはかとなく香る時がある 地図に道祖神(塚とか地蔵含む)の場所を書き込んでたら色々楽しかった
117 :天之御名無主:2011/11/06(日) 16:39:17.28
(´・ω・`)近所に道祖神が全く無い・・・三猿はやたらいるのに。山王信仰の名残らしいが。
119 :天之御名無主:2011/11/12(土) 02:33:01.55
>>117 自分で置いちゃえば? そもそも誰がいつ祀ったかとか、理由とか方法って分かるんだろうか? 郷土資料で分かんなきゃ永遠の謎?
118 :天之御名無主:2011/11/06(日) 19:42:13.32
三猿は、庚申塔の下部にもついていなかったけ?
120 :天之御名無主:2011/11/13(日) 20:10:26.81
>>118 一般的な青面金剛+三猿の庚申塔もあるんだけど 青面金剛無しで浮き彫り三猿オンリーの庚申塔とか、 三猿そのものを1体ずつ丸彫りした石像とかもある。とにかく猿が多い、気がする。 珍しいところだと山王権現像+三猿なんてのも近くにある。 文字では無く像として存在する山王権現は結構少ないはず。
125 :天之御名無主:2011/11/30(水) 08:46:19.19
笠地蔵のお伽話は7体だっけ
126 :天之御名無主:2011/12/01(木) 23:24:56.49
おいおい、六地蔵は基本中の基本だろうw
127 :天之御名無主:2011/12/05(月) 13:19:16.44
六道輪廻か。天人の道にまで地蔵要らん気がするんだが。
138 :天之御名無主:2012/01/14(土) 23:08:01.77
>>127 たとえ天人天女であっても死を免れることはできないし 生前の行いによっては来世が地獄や餓鬼になるかもわかんないから 天道でも地蔵の救いは必要なんだよ
133 :天之御名無主:2012/01/09(月) 22:29:54.35
お邪魔します 先輩方にお伺いします。先日オークションでお地蔵様を買いました。 庭のインテリアに置こうと思うのですが、大丈夫なんでしょうか? 知人がよくないみたいなこと言ってたので・・・ よろしくお願いします
143 :天之御名無主:2012/02/15(水) 11:17:08.81
>>133 出自不明も含めあなたへ廻ってきたのも縁でしょうね。 まずは近所の寺院へ出向き、しっかり事情を伝えて手入れ等どうすればいいか聞くこと第一歩目でしょう。 神仏の念や気を込めた物が、大事にされてない価値観や風潮をとても残念に思います。
135 :天之御名無主:2012/01/11(水) 10:06:08.55
どこから持ってきた物かはちゃんと分かってるの?
136 :天之御名無主:2012/01/14(土) 21:35:50.94
>>135 133です。出所は分かっていません。。。
144 :天之御名無主:2012/02/24(金) 11:17:59.87
道端の石像で今も信心されている例なんてむしろ希少だよ 昔からの習慣で手入れや供え物はしていても 石像が何の目的で立てられたかは知らないことだってある 特に地蔵なんて衆生へ功徳を施す目的から死者の成就、水子供養まで幅広くて 地蔵だけ見ても何が何だかわかりゃしない
147 :なんでもけ:2012/06/09(土) 18:09:30.22
>>5の地図をアップした者だが、久しぶりに見て見たら、写真が見えなくなっていた。 google mapへの登録件数が多すぎると使えないのが解ったので、最近はpiscaにした。
151 :天之御名無主:2012/10/12(金) 01:07:02.20
>>147 猿田彦が多いね。 信仰としては何になるの?
148 :天之御名無主:2012/07/08(日) 20:16:24.13
北海道でタイヤの道祖神を調べてるんですけど 大体あるところ知ってる人いないですかね 田舎ではよく見るけど、いざ探そうとしたら全然見つからなくて
149 :天之御名無主:2012/08/04(土) 00:26:17.55
先日、安曇野まで行ってきたけど、 道祖神の街を自称するだけあってさすがに多かった。 形状も夫婦で寄り添ってるの以外にも餅つきしてるのとかいろいろあるのね。
150 :天之御名無主:2012/10/05(金) 23:16:37.68
>>149 >道祖神の街を自称するだけあってさすがに多かった。 おお、そんなことを言ってるんだ。一度いってみようかな。
153 :天之御名無主:2012/10/18(木) 21:29:34.43
道祖神信仰でいいじゃね。
154 :天之御名無主:2012/10/18(木) 22:09:42.68
もともと庚申信仰だったものが、幕末明治の廃仏毀釈、つーか神道純化の流れの中で、記紀に由来する猿田彦に変更されたものだろうかねえ。
156 :天之御名無主:2012/11/03(土) 00:20:32.45
>>154 江戸中期頃に起きた新興神道ブームの中で 当時大流行していた庚申の本地は猿田彦だと神道家が言うようになった。 同時に道祖神も猿田彦だとしたため、途中からどっちつかずのものになった。 猿田彦塔は神道原理主義による民間信仰歪曲の象徴でもある。
157 :天之御名無主:2012/11/03(土) 03:44:31.38
地蔵は仏教 地神やこんぴらは神道 石だからと同じ様に考えられても困ります
159 :天之御名無主:2012/11/06(火) 00:29:07.11
あの… 仏教が日本に入ってくる以前の話なのですが? 地神信仰はそんな浅いものではないですよ
161 :天之御名無主:2012/11/09(金) 22:09:38.98
金毘羅を神道と信じている奴に言っても通じないだろ
164 :天之御名無主:2012/12/16(日) 21:41:35.78
結婚してド田舎に来て初めて、道祖神信仰なるものを知りました。 この地域では、相当根深く残っているらしく、持ち回りで「とんどさん(どんどさん)」 と呼ばれる神様(道祖神でしょうね)が回ってきます。毎年、地域の人が変わり ばんこで家に迎え、その年は近所で葬式があった場合、絶対に弔問してはいけない と言われてます。 一見、ただの小さな鳥居を象った形で、高さは30センチくらいです。 はじめは何の神様なのか、聞いても誰も答えられず、???だったのですが 道教、陰陽道と知るうちに、道祖神だとわかりました。 また、御神体(なのかな?鳥居らしきものが来るから。)持ち回りとは別の持ち回りで とんどさんの集まりというのがあります。 私は道祖信仰などは持っていないし、あまり近付きたくないので関わりあいたく ないのです。私は勘だけは強くて、危うきに近寄らずで何度も事なきを得てきたので 自分の勘を信じています。だけど、ド田舎。やりたくない、とは言えない・・・ 近くに庚申も近所にありますが、これも誰に聞いても何の神様かわからず 謎のままだったのですが、最近になって庚申信仰だと民俗学を個人的に勉強していて知りました。 ここも近付きたくないのです。
165 :天之御名無主:2012/12/19(水) 02:07:57.24
>>164 とんどさんは道祖神じゃなくて歳徳神だろ?
168 :天之御名無主:2012/12/22(土) 22:05:40.51
でしょ??なのに、迎えてるんです。 だから怖いんです。 ド田舎は、習合したりワケわからん解釈で独自の形態作るんですよ。 だから怖い。 何で道祖神を迎えるの?これ、違うんじゃないの?と怖いんです。
169 :天之御名無主:2012/12/22(土) 22:58:18.57
>>168 いや、だから、「それは道祖神じゃあないでしょ、歳徳神でしょ?」と言ってるんだが。 とんどさんを「道祖神のことだよ」とはっきり言った人がいるの? 家に迎えるという点、鳥居で表されるという点、どうみても道祖神じゃないよ。歳徳神ならしっくりくるし、何も問題ない。
176 :天之御名無主:2013/01/05(土) 13:48:55.19
結構面白かった
177 :171:2013/01/06(日) 22:08:10.55
本日、とんどさん、なるものがありました。 普通に、竹と松で組んで、正月飾りを集めて燃やす儀式です。 決行は明日の朝5時半。まあ、ここまではいいです。 とんどさん、というのは道祖神、賽の神でしょ?と集まった人に聞くと 「とんどさんと道祖神は違う」 えええっっっ?? じゃ・・・とんどさんの神様はどなた?と聞いても、さあ??と頼りない。 今年、持ち回りでとんどさんの御祀神が我が家に来たのですが、神棚に飾る みたいな小型神社。大鳥造りに近い。階段まであって、その前に鳥居を設置。 しかも、これは男しか運んではいけないらしく、みな、口にユズリ葉を含み 運ぶ。これって全く神事ではないですか。御神体を運ぶ時、神主は穢れた息が 御神体にかからないように、ユズリ葉を口に挟んで移動させますでしょう? じゃあ、これって道祖神でなければ何なの?? 「とんどさん男性だからねえ。男性の祭りだもんねえ」と女性人。 え・・・神道だったら、男性神の場合、女性しか扱えないよ?女性神だったら 男性だけ。だから、大地の神(相撲だね。女が土俵に絶対上がれないのは地の神が女 だから)とか、海の神(昔は船に女を乗せるのはご法度。だって海の神は女性だから) だってそうだったじゃん・・・ 形式は神道なのに、名前がわからない。 だけど道祖神でもなく庚申でもない。 その、とんどさんの儀式の場に、正月飾り一式を置きますわね? そしたら、四隅に生米をまく。四隅・・・まさしく呪詛。 これって何??やっぱり怖い!
178 :天之御名無主:2013/01/07(月) 04:28:27.11
>>177 > え・・・神道だったら、男性神の場合、女性しか扱えないよ?女性神だったら > 男性だけ。だから、大地の神(相撲だね。女が土俵に絶対上がれないのは地の神が女 > だから)とか、海の神(昔は船に女を乗せるのはご法度。だって海の神は女性だから) > だってそうだったじゃん・・・ えーと、記紀神話には大地の女神みたいなものはおりませんけども。海が女神だというのも、聞いたことがないなあ。 土俵や海や、それに山が女人禁制になってるのは、単にそれらの場所が命の危険が大きいからってだけです、本来的にはね。 後に中世に、仏教の影響でケガレ思想が生まれてから、「女はケガレているからカミゴトに関わってはならぬ」となった。 神事が男性だけで行われるという例は、非常に多いです。神楽とかもそうだね。(巫女舞とかは違うけど) > そしたら、四隅に生米をまく。四隅・・・まさしく呪詛。 これは四方から邪気が入ってこないようにキヨメてるだけだよ。呪詛でもなんでもない。 ちょっと陰陽道の影響っぽくはあるけど。 > 形式は神道なのに、名前がわからない。 > だけど道祖神でもなく庚申でもない。 だからね、上でも言ったように、やっぱり歳徳神だよ。 陰陽道の方位神で、恵方を司る。年神とも習合している存在。 ちなみに、女神とされているよ。
179 :171:2013/01/07(月) 22:08:20.92
歳徳神ですか?と聞いたけど違う。男の神様だ!だそうで・・・ どんどさんって、歳徳神も関係あるんですか? とんど、っていうのは道祖神だとずーっと思ってたんです。 ですけど、道祖神でもなく、陰陽道の歳徳神でもなく。 じゃあ誰??? 神様誰??お名前は??? 得体の知れないものに深入りすると、痛い目にあうのは経験してるから怖い。
182 :天之御名無主:2013/01/10(木) 00:00:36.39
>>179 小正月の行事であるとんどや左義長は、道祖神よりも歳徳神、っつーかそれと習合した「年神」のお祭りという性格が強いよ。 「とんど」の呼称自体、歳徳の変形と考えられるし。 道祖神も音的に近いけど、道祖神信仰はあまり全国的なもんじゃないし、むしろ年神=歳徳神=とんどの習合に後から副次的に習合してきたように思うけどね。 地域で持ち回りで、1年間神様をお世話する当屋が回ってきて、それに当たる家は1年間聖別されて死穢から遠ざけられる、という習俗のようだから、基本的には年神=ご先祖様崇拝だよ。 地域のご先祖だから特定の名称がないのは当然だし、変な探りを入れたりやたらに不審がったりするの、あんまりよくないと思うけどね。 神様なんて、本来は名前なんかないことの方が普通だよ。
184 :天之御名無主:2013/02/01(金) 23:48:04.82
日本全国の道祖神や地蔵の由来を調べ上げようする、気概の有る奴はおらんのか!
185 :天之御名無主:2013/02/02(土) 00:14:40.19
>>184 まずは自分の町でやってみなよ その時点でとうていムリってわかるから
201 :天之御名無主:2013/03/29(金) 21:22:58.40
>>184 村境と旅人を護って子孫も繁栄させちゃう凄い守神だよ 小字ごとにあるけど何処の長老も言ってたよ 聞いたのは30年前程前で小学校のクラブ活動だから通学区とその周辺だけだけど 部落毎にあるし盆地全域にあるから誰か住み着いて研究してよ ちなみにどんど焼きの事はサンクロウっていって無病息災を祈る行事だよ さーんくろーさんくろうーって唄ったり繭の形に整えた団子を枝に鈴生りにつけて三九郎で焼いて食べます
192 :天之御名無主:2013/02/15(金) 23:33:08.97
道端の神々どころか、神社の正確な数も分かっていませんしね…
195 :天之御名無主:2013/03/22(金) 22:47:15.15
【千葉】「双体道祖神」盗まれる 佐倉市が被害届「戻ってきて」
196 :天之御名無主:2013/03/23(土) 04:04:05.46
どうなる、対馬の仏像の行方(1) | こりゃ亜韓.コム 大韓仏教曹渓宗中央信徒会による声明全文
198 :天之御名無主:2013/03/27(水) 13:13:56.21
下総の三本足の丸彫り道祖神はこの地方でしか見られない貴重な資料。 盗難とは実に残念。無事に帰ってきてほしいと強く願う。
200 :天之御名無主:2013/03/29(金) 12:33:07.42
永福寺 福禄寿
202 :天之御名無主:2013/03/31(日) 00:19:31.11
塞の神を、 こういう形で祀ってるのって俺の地元の地区だけ? 全部町の境界にこういうものが立てられているんだけど 石像類じゃないけど、ここならなんとなく情報得られるかなと思って 塞の神は石碑か石塔に祀る地域が多いよな あと、 この祠に、「中甼當」(左)「中可新」(右)ってそれぞれ彫られているんだけど、意味が分かる人はいない? 質問ばっかりでスマン
203 :天之御名無主:2013/03/31(日) 03:02:50.84
>>202 > この祠に、「中甼當」(左)「中可新」(右)ってそれぞれ彫られているんだけど、 多分それは読む方向が逆だな。 「當甼中」「新可中」。中は「講中」の略で、その祠を奉納した氏子連中を指す。 中の前の當甼、新可はそれぞれの氏子の在所の地名だろう。
209 :天之御名無主:2013/04/26(金) 01:23:10.02
私の親戚宅の庭にお堂があって、中に「山神」と彫られた自然石が祀られています。 製作年月日の下にこんな文字が彫ってあるのですが、あいにく何と書いてあるのか読めません。 地元の教育委員会に聞いて見てもさっぱりでした。 おそらく二文字だと思います。上は「師」か「可」か「砂」 下は「代」か「此」と読んでみましたが意味が通りませんし、正直自分ではお手上げです。 どなたか、何と書いてあるかわかる方はおりませんでしょうか。お願いいたします…

Comments are closed.